りむっくす通信

新作スマホゲームやエンタメ情報をいち早くお届けするブログです!! 毎日楽しく更新‪中✧٩(ˊωˋ*)و✧

子供ができた

f:id:Rimux:20170708141241j:plain

タイトルの通りなのだが、妻のお腹に子供が出来たのかもしれない。

ずっとずっと欲しかった念願の子供。

産婦人科に一緒に行って、妻が初めて診察を受けた。

エコーを見せてもらうと、まだ非常に小さいが小さな赤ちゃんを包む袋がそこに映っていた。

医師の先生が言われるには、まだ小さすぎてはっきりは言えないが、2週間後には心拍や姿も確認できるはずだ、それが確認できれば安心していいだろう、とのことだった。

 

これを書いている今もまだ実感が湧いていない。自分が父親になって子供を育てるという感覚も、家族が3人になるという感覚もまだ現実味がない。

産婦人科の控え室にいると、看護婦さん達は産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしていた。必死になって泣いている声も姿も、本当に見ていて、可愛くて仕方がなかった。

あんな小さな赤ちゃんを自分達がちゃんと育てられるのだろうか、と思った。

しかし、そんな不安以上にやはり嬉しさの方が私にとっては断然大きい。

男の子だろうか、女の子だろうか。

どちらでも嬉しいのには変わりない。

もし、一年後にワープしたら、当たり前のように自宅で赤ちゃんを囲んで3人で過ごしているんだろうなあと思うと不思議だ。

一年前のことを考えると、今まであっという間だったように思える。すると、そんな日もそう遠くない未来なんだと思う。

とりあえず今は、赤ちゃんの育児をしっかり勉強しておかないといけない。あとは妻に安静にしておいてもらうことが何より大事だ。今、万が一事故にでもあってしまったら、それこそ取り返しがつかない。もちろん、今じゃなくてもダメだが。

2週間後の診察まではまだ安堵はできないので、落ち着かずずっとそわそわしている。

はやく2週間経ってくれないだろうか。

次の診察で少しだけ大きくなった赤ちゃんの姿や心拍を見られるのが今からとても楽しみだ。両親には次の診察の結果が出たら、打ち明けようかと思う。必ず喜んでくれると思う。

 

こういった色んな文字、写真などの記録を残しておいて、大きくなった時に一つずつ教えてあげられたらいいなと思う。